農学の社会的課題を工学先端技術で解決する農工協創

東京農工大学の卓越大学院プログラムは、農学と工学の協創によって新たな産業創出に貢献する博士人材の養成を目的としています。成長産業としての農業には、育種や生産から、加工・流通、さらには各家庭の消費や外食産業など農産物流通のシステム全体を対象にしたシステムイノベーションの基盤強化が必須です。本プログラムでは、工学先端技術を食料生産に活かすのみならず、生産物流通に人工知能(AI)やロボットおよび自動運転スマートモビリティ技術を導入して、新たな「スマート・フードサプライチェーン」を構築することを1つの新産業創出モデルとします。新材料、先端計測、エネルギー制御、バイオ、環境など含め、東京農工大学の農学と工学のすべての研究分野を対象とします。

この大学院教育の実現には、産業界がコミットする教育体制が不可欠です。連携機関として企業等が参画することにより新産業創出コンソーシアムを組織し、産官学一体となって人材の育成にあたります。本プログラムには、9つの連携企業等ならびに7つの海外連携機関が参画しています。