プログラム概要

東京農工大学卓越大学院プログラム(プログラム名:「超スマート社会」を新産業創出とダイバーシティにより牽引する卓越リーダーの養成)では、2019年度に本学修士課程(博士前期課程、専門職学位課程)に入学する学生ならびに本学博士課程(博士後期課程を含む)に入学する学生を対象に、卓越大学院プログラムの履修生を募集します。専門分野の限定はなく、東京農工大学のすべての分野・専攻を対象とします。

卓越大学院では、“新産業創出”と“ダイバーシティ”を特色とし、農学と工学が協創し、民間企業や海外研究教育機関等と協力して、“先端工学技術によって実現する農業流通革命に資する新産業創出”を一つの課題テーマ例とし、様々な研究分野における研究テーマを自由度高く設定して高度博士人材の養成に取り組みます。

具体的には以下のような力を身につけた博士人材を養成します。

  • 農学の社会的課題を工学先端技術で解決する「農工協創による新産業創出」に挑戦する人材
  • イノベーション人材に必須なダイバーシティ(多様性:性差・国籍・社会経験など)を強化
  • 俯瞰力、独創性、ダイバーシティ理解、国際競争力と高度専門性を備えた卓越リーダー

卓越大学院プログラムは、正規の大学院に所属しながら、追加で提供される講義や実習などの単位を取得することで、次のような魅力ある経験ができる5年一貫教育です。また、博士後期からの編入によっても参加できます。

  • 海外留学経験や、海外研究機関と連携した国際共同研究
  • 民間企業と連携した共同研究経験 (博士人材と企業とのマッチングシステムも導入されます)

2019年度 プログラム学生の募集

募集対象

  • 博士後期課程に進学予定で、博士前期課程に合格している全ての学科の学部4年生(5年一貫)。
  • 博士後期課程に進学予定の全ての専攻の博士前期(修士)課程2年生(博士後期3年間参加)。
  • 6年制学部(獣医学科)から博士課程に進学予定の学部6年生(博士4年間参加)。

応募資格

2019年度に本学大学院修士課程1年に在籍予定で、かつ修士号取得後は引き続き本学博士(後期)課程に進学する意思を有し、さらに本プログラムの教育・研究理念に合致する目標を持つ者。2019年度に本学博士課程1年に在籍予定で、さらに本プログラムの教育・研究理念に合致する目標を持つ者。農学府共同獣医学専攻の学生については2019年度に博士1年に在籍予定の者を募集対象とします。専攻・研究分野・国籍・性別・社会人など、制限はなく広く募集します。

最終選考に合格し、本プログラムの養成対象者となった学生は、所定の科目を受講し、一定の単位数を取得後にQE2に合格することで、学位記にプログラム修了が併記されます。学位(修士、博士)は所属専攻から取得することになります。

※応募にあたっては、主指導教員の承認を得て、研究内容及び面接試験日程等の確認を必ず行ってください。また、プログラム学生に採用された場合は、各指導教員へ連絡し、今後の研究計画等の打ち合わせを必ず行ってください。

選考基準

1次選抜:書類審査

学部での成績および志望理由等から総合的に評価する。

2次選抜:面接

面接では以下の内容に関する10分間のプレゼンテーションおよび質疑応答(計15分)により、学力・研究能力とともに、本プログラムへの理解と意欲などについて総合的に評価する。

  • 本プログラムへの志望動機
  • これまでに取り組んだ研究の概要と、本プログラムを通じた今後の研究についての展望
  • 本プログラムを修了し、学位を取得した後の将来構想

採用予定人数 M1:18名程度、D1:7名程度

応募・選考スケジュール

第1回説明会

2019年1月29日(火)12:15~12:50 小金井キャンパス L1321教室
2019年1月30日(水)12:15~12:50 府中キャンパス 2号館 2-11教室

募集期間

2019年2月4日(月)~15日(金)

第一次選考(書面審査)の合格発表:2019年2月20日(水)
第二次選考(面接審査)の実施日:2019年2月28日(木)
合格発表:2019年3月1日(金)

Download